前回にも書いたとおり、チコ・バンクスは亡くなった後も、お気に入りのB.L.E.S.にとどまって、皆を驚かせた。  さらにダンナにもサプライズを残していった。 第7回 才能あるミュージシャンの愛と死「おれはチコ・バンクスだー!」 と自信満々でステージに立つチコ